calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

演奏のご依頼・お問い合わせ、お待ちしております!

パーティーやイベント会場での演奏、学校公演など、関西を中心に幅広く活動しております。津軽三味線のアンサンブルはもちろん、民謡をはじめ、和太鼓や篠笛、琴といった邦楽器との組み合わせなども可能です。演奏のご依頼・お問い合わせ、加賀丈子のプロフィールはこちら

『ニッポン・ガールズ』

和太鼓奏者・世津による邦楽ライブ☆プロジェクト『ニッポン・ガールズ』に参加しています。

女性邦楽ユニット『たまゆら社中』

『たまゆら』は「ほんの少し」とか「つかの間」という意味の副詞で、 繭の玉糸が揺れる時のかすかな音、という意味もあります。 ほんのひととき、邦楽器の音色で紡がれる楽しい時間を過ごしていただければ、 そんな気持ちで演奏させていただいています。 津軽三味線、篠笛、和太鼓などの邦楽器を用い、古典からオリジナル楽曲、 現代曲のアレンジなど、内容や雰囲気にあわせ演奏させていただきます。 パーティーや各種イベント会場での演奏のご依頼・お問い合わせはこちらから。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.24 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コンプレックス

今日(5日)、MBSテレビ『情熱大陸』で清川あさみさんというアーティストがピックアップされていた。

前からなんとなく知ってはいたので、毎週情熱大陸を見てる訳じゃないワタシはたまたま見た予告で気になってチェック。

たぶん年もワタシとそんなに変わらないぐらい。

独自の『美』というものを追求し表現している。


作品の力強さとは対照的に、本人自身は柔軟でほんわかしているところや、

常におしゃれに気を配り『女』を意識しているところが、大好きな写真家・蜷川実花さんに似ているなと思った。



とっても共感したのは

子供の頃、自分には何も無いと感じ、コンプレックスの塊だったということ。

それが大きくなり過ぎて一時期引きこもりのようになったというところも昔のワタシととても似ていた。


無知の知のように、

ある意味『自分には何も無い』と気付いたことが、自分の才能を模索する第一歩になったんだなと今になって思います。

何も無い自分がどんなことを出来るようになれるのか、

大嫌いな自分を好きになる為には何が必要なのか、

小さな自信の積み重ねと恥のかき捨てを繰り返し繰り返し…


そうした年を重ねて


コンプレックスが無くなることは無くても、

そのせいで悩んだり苦しんだりすることは無くなりました☆

でもコンプレックスはもっと自分を良くしようとする為の原動力なんだと思います。


まだまだ、もっともっと、

自分を磨くことに貪欲でありたい。。

スポンサーサイト

  • 2014.09.24 Wednesday
  • -
  • 00:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック