calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

演奏のご依頼・お問い合わせ、お待ちしております!

パーティーやイベント会場での演奏、学校公演など、関西を中心に幅広く活動しております。津軽三味線のアンサンブルはもちろん、民謡をはじめ、和太鼓や篠笛、琴といった邦楽器との組み合わせなども可能です。演奏のご依頼・お問い合わせ、加賀丈子のプロフィールはこちら

『ニッポン・ガールズ』

和太鼓奏者・世津による邦楽ライブ☆プロジェクト『ニッポン・ガールズ』に参加しています。

女性邦楽ユニット『たまゆら社中』

『たまゆら』は「ほんの少し」とか「つかの間」という意味の副詞で、 繭の玉糸が揺れる時のかすかな音、という意味もあります。 ほんのひととき、邦楽器の音色で紡がれる楽しい時間を過ごしていただければ、 そんな気持ちで演奏させていただいています。 津軽三味線、篠笛、和太鼓などの邦楽器を用い、古典からオリジナル楽曲、 現代曲のアレンジなど、内容や雰囲気にあわせ演奏させていただきます。 パーティーや各種イベント会場での演奏のご依頼・お問い合わせはこちらから。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.24 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

素浄瑠璃♪

本日はまたまた、芦屋の紳士こと文楽通のO氏にお誘い頂き、

国立文楽劇場へ行って参りました

もちろんO氏ごひいきの人間国宝・竹本住大夫さんも出演


今回はいつもの人形浄瑠璃ではなく、『素浄瑠璃(すじょうるり)』という太夫と三味線がメインの舞台。


人形浄瑠璃の場合は、人形と太夫&三味線と舞台の上にある画面に語りのテロップが出るので、

あちこち見るのに忙しいとはいえ、

それらを総合して何となく物語が理解できるのですが、(それでも何となくか笑)

素浄瑠璃の場合は人形もテロップも無し‥

正に『素材そのものの味をお楽しみ下さいまし。。』的な、かなり玄人向けのものでした



結果、

一つ目の演目『平家女護島・朱雀御所の段』は、所々気を失いひとつも理解できないうちに終わってしまう体たらく‥

見かねてO氏が解説の書いてあるパンフレットを買ってくださいました‥(すいません〜

110710_0145~01.JPG

これが、効果テキメン!!

住大夫出演の二つ目『義士銘々伝・赤垣源蔵出立の段』、三つ目『壷坂観音霊験記・沢市内より山の段』は物語がしっかり理解できて、クスっとしたり、ウルっときたり、とっても楽しめました〜(ホッ



しかし驚くのは演者の体力っ

約一時間の演目を太夫と三味線がペアでこなすんです!

見るところ演者の皆さん還暦は優に越えていますし、住大夫にいたっては80代後半‥

スゴ過ぎます


語りと三味線の掛け合いといったら、

お互いを引き立てつつも、まるでタイマンです

一時間の間、集中力を持続して迫力満点の駆け引きをする。。



津軽ものの唄付けなんて、本気で弾けば3曲くらいでヘトヘトになります(笑)



伝統芸能を受け継ぐっていうのは、本当に、並大抵のことではありませんね。 

スポンサーサイト

  • 2014.09.24 Wednesday
  • -
  • 23:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ええー竹本住大夫さん見たの?
う・ら・や・ま・しー。
昔はよくご一緒にされていた(と、思うのですが)人形遣いの故・吉田玉夫さんとのコンビが好きでした。
(そして玉夫さん、私好みのお顔)
ストーリーが頭に入っているか、いないかでリスニングが全く違うよねー。
面白いよねー。
  • waka
  • 2011/07/11 11:14 PM
うん!
面白かった〜^^咳き込む演技がリアル過ぎて心配になっちゃった(笑)
やっぱりビジュアルも大事よね〜うふふ
  • トモコ
  • 2011/07/13 1:05 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック